FC2 Blog Ranking

野球の神様

先程、仕事が終わってホテルに戻りました。
結構、まじめに仕事をしているんですよ・・・。

どうでもいい話はこれ位にして、本題に入ります。

先日のブログに【野球の神様】の話をコメントした所、
意外と反響がありましたので、今日はこの話を投稿します。

実は【野球の神様】って、(元)プロ野球選手も信じているんですよ。
その選手とは【桑田真澄】さんです。

以前に赤監督からのお誘いで、桑田さんの講演会に行く事がありました。
その時のお話です。

桑田さんは体が小さく、高校時代でも悩んでいたそうです。甲子園に
5回も出場した選手でもですよ・・・。

当然の事ながら投手として入学した高校が【PL高校】の為、練習は当たり
前の様に厳しく、それだけではなく、自主練習もそうとうやったみたいです。
同期の清原さんも投手として入学したのですが、早々と野手に転向して、
桑田さんの練習量を間近で見た時に『投手をやめて良かった!』と言った
程に練習をした様です。

その高校時代に他の選手が嫌がる仕事を3年間続けよう!と思い、自分から
寮(部室)の便所掃除を始めたそうです。そしてとうとう、3年間やり続けた
との事でした。

【野球の神様】を信じて他の選手の何倍も練習しているのに、それだけでは
足りず、自分への試練として便所掃除を続けたとの事です。【野球の神様】が
便所掃除をやっている自分を見ていてくれるから!と信じて・・・。

そうなんです。以前のブログにも書いた様に、【野球の神様】はグランドでも、
学校でも、家でも、そして便所でも、努力している姿は必ず見てくれているん
ですよ。

きっと桑田さんも【野球の神様】を信じて何事にも努力をしている事で、最後は
【自分自身】も信じれる様になったのだと思います。
ですから、体は他の選手に比べたら小さいですけど、プロ野球の世界で
偉大な選手になれたのでしょうね・・・。

ちなみに桑田さんは野球道具を大切にしていますが、講演会ではその道具を
さわらせてくれました。
PL学園時代・巨人時代・大リーグ時代それぞれのユニフォーム、甲子園で優勝
した時のグラブ、そして清原さんからもらった背番号【5】のユニフォームです。

さわらせてくれるのには理由があり(特に子供たち)、小さい頃から良い物に
触れる事が大切だ。と桑田さんが言ってました。持論らしいですが、私もそうだと
感じています。
自分の大切な宝物を【未来の野球選手】の為に触らせるなんて、桑田さんは
なんて心が広いと思いませんか・・・。
世間では色々と言われていて、好きな人もいれば嫌いな人もいると思いますが、
未来の野球界を底辺で支えているんだと、私は関心しています。

桑田さんはアメリカに渡り、マイナーリーグ(2軍)に在籍していた時、自分の
ロッカーから野球道具をかなり盗まれた様です。
マイナーリーグの選手は生活が厳しく、良い道具なんて持っていなかったので、
桑田さんの道具が欲しくて盗んだ様なのです。
それを知った桑田さんは、盗む事は良くないからと話をし、選手達にあげる様に
したとの事です。


長くなってしまいましたが、【野球の神様】の話と【野球の神様】を信じ続けて
努力をしプロ野球選手になった人の話でした。


ちなみに桑田さん・清原さんは私と同じ年です。
それを考えるとかなり落ち込みます・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の神様

海父お疲れのところありがとうございます野球の神様に感謝を忘れずに頑張る赤監督は思いました野球の神様が嫉妬するような明るく元気でかっこいいチームこれが今年の目標です

神様

ホントに何かをやり遂げる…って、凄い事ですよね。偉大な人こそ、見えないところで、ひと一倍、いや、人一億万倍努力しているんですよねだから、多くの人を感動させる。色々と悩んだり、憤ったりの日々ですが…勇気を出して、毎日私もコツコツです
よく、子供達に話す事は、成功の反対は、失敗じゃなく、何もしないことやるべき事をやらない事は、自分に嘘をついてる事。今は、わからないかもしれないけど、必ず、自分にかえってくる。今日も頑張って行ってきます

そうなんです!

そうなんですよ!

愚かな人間の行為は、失敗を恐れる事ではなく、
失敗を恐れて何もしない事なのです。

野球でもそうです。
エラーをしてしまったら、次もエラーをしていいからと
思い、今まで以上に声を出し、ボールに向かって
いく心なんです。

レッドの野球くらいです。
バッターカウントがストライク0のボール3の時に、
『4ボールはいらないから、積極的に打っていけ!』
とバッターに声を掛けるのは・・・。
他のチームのサインは必ず【待て!】です。
結果は内野ゴロでアウトになっても、レッドの野球
はそれでいいんです。

賛否両論はあると思いますが、学童の野球は
これで良い。と私は思っています!

チャレンジ

何もやらない事それでは前に進めないですね失敗は何かチャレンジをした結果レッドの子供達には、いつでもチャレンジをしてもらいたいです

桑田さん

私自身は桑田ファンだったわけではないのですが、たまたま桑田さんが巨人で最後に投げた試合をライトスタンドで見てました。
その時この話を知っていれば、もっと感動したんだろうなぁ。。。
残念。

そういえば以前、ツイッター少年野球タグで、

「ツースリーから見逃せという指導者をどう思われますか?」

みたいな議論を見たことがあります。
レッドは「ストライクなら振れ」だけじゃ?シンプルだなぁ・・・チームによって違うんだなぁ、と不思議に思った記憶があります。

おばちゃんも、

「常に攻めの姿勢のスカウト担当」

でいきますわ。

桑田さんの本

2冊図書館で予約してみました。
読んだら感想を書きます。v-16

心の野球―超効率的努力のススメ 桑田 真澄 http://t.co/F0FaheH
試練が人を磨く 桑田真澄という生き方 (扶桑社文庫 く 8-1) 桑田 真澄 http://t.co/Mf7rldx

桑田さんの本

桑田さんの本は面白いですよ~浮き沈みの激しい野球人生の中で失敗から得るもの、他の人とは違う視点で自分と向き合う桑田さんの考え方が書いてありますところで昨日の保護者会及び親睦会参加された仲間達よお疲れ様でしたまた今日から頑張りましょう

桑田さん

今年のお正月、グアム空港で桑田さんに会いました!

初のビジネスクラスでテンション上がってた私。
手荷物検査のゲートに並んでいたら、真後ろに黒いスーツを着たビシッした人達が…。
「やっぱりビジネスに乗る人はオーラが違うな~」と思っていたら、桑田真澄さんでした!(゜o゜")

更にテンションがMAXになってしまった私(笑)
後ろの桑田さんが気になって、自分の手荷物検査どころじゃないっ!
桑田さん、X線検査で靴とベルトが引っ掛かってしまったようで、なんだかモタモタしてる

何とか声を掛けようとドキドキしながら待ち構える私。
やっと出てきて、衣服を直そうと隅っこに行った桑田さん。

今しかチャンスが無い!と思ってしまい、靴下でベルトぶら~ん状態の桑田さんに、「桑田さん!握手してください!」と言ってしまいました

突然の私の行動に、驚いた息子と友達のちびっこ達。

「だれ?!だれ~?ねぇーーだーれー?!」を連呼

本当に失礼でした。本当にごめんなさい。

そんな失礼極まりない状態にも関わらず、桑田さんは心良く笑顔で、全員(誰だか分かっていない子供達含め…)と握手してくれました

桑田さんの手。
何十年もボールを投げ続けてきた手ですが、女性みたいにめちゃめちゃ柔らかかったんです!握った瞬間にビックリしてしまいました!

桑田さんの本、あたしもぜひ読んでみます
プロフィール

レッド広報

Author:レッド広報
墨田区のスカイツリー近辺を拠点とする、少年野球チーム、墨田レッドソックスです。
体験、見学希望の方は、
sumidaredsox9@gmail.com
までメールください!
練習試合希望のご連絡も、上記アドレスへ!
お待ちしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -