FC2 Blog Ranking

中国より

REDの皆さん、こんばんは。 海の父です。

不安なそして眠れない夜が続いていると思いますが、
お身体を崩さない様にして下さい。

募金(義援金)の話なのですが、皆さんの心暖かい話で、
中国にいても涙・涙です。

こちらの中国の方達でも、同じ様に考えている方達が
おられます。

本日お伺いした工場の社長と仕事の話はもちろん
しましたが、やはり話題は日本の地震の話でした。

その中で工場の社長から義援金の話がありました。
この工場は日本のキャンペーンに使用するプレミアム
グッズやバンダイさんの玩具なんかを生産しております。

社長からは、

 【普段は日本の子供達向けに玩具を生産し、夢を与える
 事ができていると自負している。今回の地震では、その
 玩具で遊ぶ子供達も犠牲になっていると思う。それを思うと
 心が痛い。
 私達でできる事をしようと思い、会社で義援金を集めて
 日本に送る事にした。
 再び日本の子供達が、私共が作った玩具で遊び、笑顔を
 見せてくれる事を願って・・・。】

と言ってました。涙・涙です。

この工場は作業員も含めて1,400人位働いています。
作業員は田舎から出てきて、日本円にして月給40,000円位で
朝から晩まで働いている方達です。普段は1食20円~30円の
食事をしている方達です。
この方達も日本の為又、日本の子供達の為になるならと寄付を
してくれています。
本当にありがたい話です。

米紙【ウォールストリートジャーナル】でも【不屈の日本】と題する
社説を掲載しています。
こういう時こそ、今だからこそ、みんなで助け合って以前の様な
美しい日本を取り戻すべきなのでしょう・・・。

何か、かたい話になってしまいましたが、普段は感じられない事が
こういう時だからこそ、普段より余計に心に刺さる様です・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

思い!

日本だけではなく世界各国から同じ思いが届けられる…少しでも早く被災地の子ども達に笑顔が戻る事を祈るばかりです。

祈りましょう!

普段はチームの為又は個人の為に、野球の神様が
来てくれる様に頑張っている選手達。

今回ばかりは被災地の方達に野球の神様が舞い降りる
様に、1日に1分でも良いのでお祈りをしましょう!

野球又は野球以外でも頑張っていた同じ年の子供達が
一人でも多く助かる様にと・・・。

出来ることを少しでも

おばちゃんはskypeでフィリピンの先生と英会話レッスンしてたり、何故かアルジェリアのskype友達がいるのですが、どちらもとても日本を心配していました。
世界中の人が心配してくれてます。

私達が今出来ることの筆頭が、節電。
皆の節電が効果が出て、4100万kW予想が2800万kWだったとか。
我が家でもガスでご飯を炊いてみてますが、意外とこれがウマい!
そして意外と、適当にやっても炊けるもんですね!

そしてガソリンや食べ物の買いだめは、被災地への物資が不足することになるから、ひかえた方がいいよ、との情報も見かけます。
おばちゃんも焦ってたじま荒らし等することなく、とりあえず今あるもので最低限暮らしてみなきゃです。

そして、昨日から、大手町までチャリ通勤中です。
チャリ通勤は、帰り道夕練中の学校裏に寄り道出来たり、電車より自由度が高くて、意外と楽しい。。。

なるべく被災地優先できるような暮らし方を工夫するくらいですが、出来ることをコツコツやりたいですよね!

思いやる心

今朝登校班のお母さんで、岩手の被災地に妹家族がいる方の話しを聞きました。
5歳と1歳の子供を抱えて逃げ、家族全員無事で、家も辛うじて残ったけど、住める状況じゃないから避難所にいるそうです。

お腹を空かせる子供達のために、おにぎり一つの配給の長い列に並んでいたら、周りにいたお年寄り達から「あんたんとこは家が残ってるんだろ!そんなやつは並ぶな!」と追い出され、おにぎり一つ貰えない。泣きながらそう話してたそうです。


子供を持つ同じ母として、本当に可哀想でたまりません。
「そんなひどいこと…」て思ってしまいますが、それは遠く離れた東京で暮らしてるから、そう思えるんですよね。
みんな自分が生きることだけで必死なんです。
自分の家族を守るだけで精一杯なんです。
自分があの被災地にいたら…。きっと、他の人を思いやることなんてできないと思います。


だからこそ、東京で暮らしている私達が、少しでも被災地のためにできることをしなければと痛感しました。

近所のスーパーやお店からはどんどん品物が消えています。
その光景に、思わず慌てて買い出しに走りましたが、必要最低限の物はまだある。…反省しました。

被災地には必要な物が何も無い…。
そして東京でも、赤ちゃんやお年寄りを抱えている人が、必要な物を買えなくなっている…。

元気な家族がいる。
家族と一緒に眠れる家がある。
ちょっとぐらい、停電だって、不便だって、困った事があったって、どうってことないですよね!
学校給食の牛乳が、被災地に送るために当分無くなる。
素晴らしい対応だなって思いました。


『本当に困っている人達へ、必要な物を…』

ほんの小さなことでも、大きな力になる。

一人一人の思いやりの心が、悲しみの中頑張っている人達へ届くことを願います。

お疲れ様です!

昨夜、帰国しました・・・。
到着した羽田空港も、節電の為暗くなっていて、
【大変な地震だったな~!】と実感した次第です。

今朝も余震がありましたね・・・。
先日もお話しさせて頂きましたが、子供達の心の
ケアが、これからも必要になってきます。
みんなで子供たちを見守りながら、小さな変化も
気付いてあげられる様にしていきましょう!

前を、空を見よう

仕事中ですが。。。(^-^;

被災地の方々の生活が少しでもよくなるよう、
心からお祈りいたします。

私の会社は制服販売ですが、すでに被災者の方の緊急転入が
相次いでいます。
店頭で試着をした高校一年生になる女の子の表情がなんとも暗かったのですが、
制服が入学式に間に合うことを知ったとき、やっと笑顔を見せてくれました。

私たちは、私たちのやれること、がんばれることをつくすべし。

戦後最大の日本の危機、まさにそれが今といえますが、
乗り切れるパワー、気持ちを私たち日本人は持っています。
自粛も節電も、前向きに取り組もう!(^0^)/~

そして、夕暮れになったら、ちょっと夜空を見上げてみてください。

節電の効果ありで、いつもより星が美しくまたたいていますよ。



プロフィール

レッド広報

Author:レッド広報
墨田区のスカイツリー近辺を拠点とする、少年野球チーム、墨田レッドソックスです。
体験、見学希望の方は、
sumidaredsox9@gmail.com
までメールください!
練習試合希望のご連絡も、上記アドレスへ!
お待ちしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -