FC2 Blog Ranking

地震から1週間経過した3連休

3連休、皆様いかがお過ごしでしょうか?
レッド広報のおばちゃんです。

今日は「レッド広報」として、低学年勧誘のための今後の課題について、書いてみようと思います。



課題1.子供に少年野球の楽しさを伝える。


今日は近所の低学年男児に、しつこく勧誘をしてみたのですが、ものすごく冷たーーく断られました。

やっぱり「野球」の楽しさを知らない相手にただただ誘ってもダメですね。

どうにかして、「野球って楽しいんだ!」ってことを、体験してもらえないだろうか、と思っているのですが・・・



課題2.親に少年野球のメリットを伝える。


先日会社の働くお母さん達の中で、

「習い事について」

というテーマで先輩ママから後輩ママにアドバイスをする、という集まりがありました。

その場が偶然、司会をした私も含めてコメンテーター内に少年野球体験者が3名、という偏ったメンバー構成になってまして、

「野球はイイよね!」

という内輪ウケ話で盛り上がり、女児のママ達から冷たい視線を浴びる、という事態になってしまいました。


そのお母さん達は、いずれもたまたま、

「息子が野球をやりたいと言ったので」

、よく考えずに少年野球界に足を踏み入れ、最初は指導者である下町のおじちゃん達の、職場のパワハラ研修も真っ青の指導に驚き呆れつつも、最後は、

「息子は野球ですごく成長した」

と言っているんですね。


雨の中、弱小チームがポロポロポエラーする中で投げ続けた経験。
監督やコーチによって、指導内容が全然違ったりする経験。
自分の小さな努力が、チームの勝利に繋がる経験。
自分の小さな気の緩みが、チームの敗退に繋がる経験。


やはり野球は、古臭いけど

「組織の中で頑張る力」

が身につくスポーツなんだろうと思います。

そしてそれは、社会に出たら必ず必要となる能力なんだよ、というのを対親御さんにアピール出来ないかな、と思っています。



課題3.野球のイメージを変える。


おばちゃんはツイッターの少年野球関連のつぶやきを読んでいるのですが、今回の地震で、練習や大会を中止すべきなのかどうなのか、というのでは、少年野球関係者個人やチーム、地域の連盟によって、考え方がかなり異なりました。

「中止すべき」のご意見の中で、ほほぅ、と思ったのが、


「「野球のひとたち」――世間が私たちのことを、よく陰でこう呼んでいるのをご存知ですか? 朝からうるさい。大人の罵声ばかり。学校で煙草。平気で違反駐車。子どもは勉強しない。素行が悪い。野次が汚い。 それを少しずつでも変えていきましょう。私たちには絶対できます。」

「僕も野球の人の1人です。野球やってる大人って何か感覚がズレてる気がします。大袈裟かもしれませんが、全国で野球を自粛もあり。かと思ってます。今回の震災は日本全体の問題のような気がします。何人の野球少年。何人の野球を愛する大人が亡くなったのでしょう?」


というご意見です。

こういうイメージによって、野球から子供を遠ざける大人がいるとしたら、とても残念です。

斎藤佑樹がメディアで取り上げられる今年は、イメージ一新するチャンスかもしれません。




「レッドに入れば、こんなに礼儀正しいスポーツマンになります!」


的なものを目指しましょう!

(書きながら自分の息子を思い返し、ものすごいハードルの高さに凹んでいますが・・・)




おばちゃんが考える、今後の低学年獲得に必要なことは、この3つです。
具体的な対策は、これから皆さんと考えていければ、と思っています。

よろしくお願いしま~す。(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

レッド広報

Author:レッド広報
墨田区のスカイツリー近辺を拠点とする、少年野球チーム、墨田レッドソックスです。
体験、見学希望の方は、
sumidaredsox9@gmail.com
までメールください!
練習試合希望のご連絡も、上記アドレスへ!
お待ちしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -