FC2 Blog Ranking

走塁の大切さ!

こんばんは!

本日は走塁の大切さについて投稿したいと思います。
 *長くなってしまいますが…。
あるブログに書いてあったのですが、REDSOXの
考え方と同じで、赤監督とお互いに納得してしまいました。

●走塁による試合支配について

 野球の試合の中ではその日にならないとわからないことが多い。
 味方、敵の投手の調子、打撃の相性すべてその日にならないと
 わからない。全て内的要因ももちろん関係があるが、外的要因に
 よって左右される部分が大きい。チームとして勝利を目指して野球を
 していく上で外的要因(相手チーム)を分析してもその日の調子までは
 把握できない。そこで勝利を目指すチームづくりに必要不可欠なことと
 して「走塁」というものがある。
 チームとして走塁に対する意識を高めていくことで、いつも相手チームに
 プレッシャーをかけられる。

●意志徹底

 まず、チームとしての「走塁」に対する意志徹底が必要になる。
 投手に「このチームは足を使ってくる。警戒しなければ」と思わせることが
 出来れば、試合を優位に進められる可能性が出てくる。

 走者なしでの打者走者、走者1塁での走塁、2塁、3塁などの走塁を
 パターンに応じた走塁を徹底したい。まず、「すきあらば、次の塁を」は、
 当然のことだが、走らなくても投手にプレッシャーをかけられる。

●投手心理

 「投手はランナーを出してからが勝負」よく投手に言うことである。
 その通りでいかに最少失点に食い止めるかはランナーを背負って
 からの投球となる。ということは、ランナーがでた時点で投手は
 プレッシャーを感じている。ではその投手にもっとプレッシャーを
 与えていくために必要な要素は何か?

 一番は「何かを仕掛ける!という雰囲気をつくることである。
 その雰囲気は離塁やベンチの声、打者の動きなど。投手を揺さぶる
 動きを作りだそう!

●全力疾走①

 非常に当たり前のことだが走者無しで打者走者の1塁までの全力疾走。
 この雰囲気、ピッチャーゴロでも1塁までしっかり走ってくるチーム。
 普通の投手なら「いやだな」と思うはずです。

 意外と徹底しているチームは少ないです。目に見える「全力疾走」を
 しっかりし、それをしっかりサポートするベンチの声があれば、投手は
 警戒心を強めます。また、その走塁を見る内野手はプレッシャーが
 かかります。

●全力疾走②チーム力

 全力疾走は一人がしてもダメ。効果はない。チームとして機能しない限り、
 プレッシャーにはならない。これがチーム力の原点である。
 打撃も投手守備も個人力が加わるが、走塁はチーム力である。
 足は遅くても姿勢が大切である。

 凡打に頭を抱える前に走れ!そしてベンチはその姿勢を徹底して作り上げろ!

●全力疾走③具体例

 外野フライを打ち上げたら・・・?どうしても悔しさやあきらめの気持ちが走塁に
 でてしまう。もし、落としたらとは中々考えられない。全力疾走は無意味になる。
 しかし無意味と思ってる事が、相手チームにプレッシャーをかけていることを
 忘れてはいけない。外野フライは二塁打のベースランニングという意識を持つ事が
 大切である。

 もちろん外野へのヒットでも二塁をねらう姿勢が大切。もちろんヒットの場合は、
 相手も二塁を盗られないように意識してくると思うので十分注意しながら二塁を
 ねらう姿勢を!

 内野ゴロの時、ファーストへボールがいき、アウト!でもベースまでは全力で
 駆け抜けよう!見ています。相手チームは・・・!

●走者一塁(盗塁・強弱)

 盗塁は投球フォームを盗めるかのほかに、重要な要素は「勘」である。
 試合状況を読みながら、次は牽制か、変化球かを読んでいくこと。
 足の速さは重要な要素ではない。決断力も大切。

 離塁に強弱をつけることも大切。その強弱だけでも投手には「何かある?」の
 サインになる。

 盗塁の出来る選手は常に投手を想定した「仮説と検証」を繰り返している。
 その中で確立が高くなっていく。

●ベンチが与えるプレッシャー

 意外とベンチの声は気になる。「ほら!フォームで牽制わかるよ!」「足の
 上げ方をよく見て!」この声は、投手に威圧的に声をかけるのではない!
 自分のチームの走者・ランナーコーチへの助言としての声である。

 本当にベンチが集中していれば、投手のフォーム、仕草から、変化球を
 投げる時、牽制、などするときのフォームの違いが読みとれることもある。

●走塁はチームを変える

 走塁によるプレッシャーはチーム質を高くし、攻撃のバリエーションを増やして
 くれる。また好不調の波がある打撃、投手力に対し、いつでも同じプレッシャー
 を与えられる。

 技術だけでない攻撃の意識は集中力を生む。
 新しいチーム作りはここからはじめると面白い!


長くなってしまいましたが、走塁はとても大切な事なんですよ。
わかって頂けましたでしょうか・・・?

REDSOXの練習を見て頂いて、
 【なぜ、走ってばかりいるのだろう?】
と疑問に思っていらっしゃるご父兄の方達に対し、少しでもご理解を
頂ければと思い、投稿してみました。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

野球の下手くそな子!

海の父です!

それ、もういっちょ~!


【野球の下手くそな子】

そんな子がいる訳ないじゃないか~!と、
私は言った相手に言い返してやります!

ユニフォームを着てグランドに立ち、休日の大切な
時間を野球にさいている子に、下手くそな子がいる訳
ありません・・・。

そんな事を言う指導者は、自分の指導方法に満足して
いるはずで、本来であれば指導方法に疑問を持つべきで
あると思います。

私も指導者としてはヒヨっこなので、あまり偉そうな事は
言えませんが・・・。


スミマセン!
もう少し書こうと思ったのですが、眠くなってきました。
明日も早いので、ここら辺で終わりにします。

では又・・・。

*明日も投稿する様にします・・・。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

野球の神様

先程、仕事が終わってホテルに戻りました。
結構、まじめに仕事をしているんですよ・・・。

どうでもいい話はこれ位にして、本題に入ります。

先日のブログに【野球の神様】の話をコメントした所、
意外と反響がありましたので、今日はこの話を投稿します。

実は【野球の神様】って、(元)プロ野球選手も信じているんですよ。
その選手とは【桑田真澄】さんです。

以前に赤監督からのお誘いで、桑田さんの講演会に行く事がありました。
その時のお話です。

桑田さんは体が小さく、高校時代でも悩んでいたそうです。甲子園に
5回も出場した選手でもですよ・・・。

当然の事ながら投手として入学した高校が【PL高校】の為、練習は当たり
前の様に厳しく、それだけではなく、自主練習もそうとうやったみたいです。
同期の清原さんも投手として入学したのですが、早々と野手に転向して、
桑田さんの練習量を間近で見た時に『投手をやめて良かった!』と言った
程に練習をした様です。

その高校時代に他の選手が嫌がる仕事を3年間続けよう!と思い、自分から
寮(部室)の便所掃除を始めたそうです。そしてとうとう、3年間やり続けた
との事でした。

【野球の神様】を信じて他の選手の何倍も練習しているのに、それだけでは
足りず、自分への試練として便所掃除を続けたとの事です。【野球の神様】が
便所掃除をやっている自分を見ていてくれるから!と信じて・・・。

そうなんです。以前のブログにも書いた様に、【野球の神様】はグランドでも、
学校でも、家でも、そして便所でも、努力している姿は必ず見てくれているん
ですよ。

きっと桑田さんも【野球の神様】を信じて何事にも努力をしている事で、最後は
【自分自身】も信じれる様になったのだと思います。
ですから、体は他の選手に比べたら小さいですけど、プロ野球の世界で
偉大な選手になれたのでしょうね・・・。

ちなみに桑田さんは野球道具を大切にしていますが、講演会ではその道具を
さわらせてくれました。
PL学園時代・巨人時代・大リーグ時代それぞれのユニフォーム、甲子園で優勝
した時のグラブ、そして清原さんからもらった背番号【5】のユニフォームです。

さわらせてくれるのには理由があり(特に子供たち)、小さい頃から良い物に
触れる事が大切だ。と桑田さんが言ってました。持論らしいですが、私もそうだと
感じています。
自分の大切な宝物を【未来の野球選手】の為に触らせるなんて、桑田さんは
なんて心が広いと思いませんか・・・。
世間では色々と言われていて、好きな人もいれば嫌いな人もいると思いますが、
未来の野球界を底辺で支えているんだと、私は関心しています。

桑田さんはアメリカに渡り、マイナーリーグ(2軍)に在籍していた時、自分の
ロッカーから野球道具をかなり盗まれた様です。
マイナーリーグの選手は生活が厳しく、良い道具なんて持っていなかったので、
桑田さんの道具が欲しくて盗んだ様なのです。
それを知った桑田さんは、盗む事は良くないからと話をし、選手達にあげる様に
したとの事です。


長くなってしまいましたが、【野球の神様】の話と【野球の神様】を信じ続けて
努力をしプロ野球選手になった人の話でした。


ちなみに桑田さん・清原さんは私と同じ年です。
それを考えるとかなり落ち込みます・・・。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

レッド広報

Author:レッド広報
墨田区のスカイツリー近辺を拠点とする、少年野球チーム、墨田レッドソックスです。
体験、見学希望の方は、
sumidaredsox9@gmail.com
までメールください!
練習試合希望のご連絡も、上記アドレスへ!
お待ちしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -