FC2 Blog Ranking

ポジション

皆様おはようございます。

諸事情で文字通り「やらやきゃいけないこと山積み」でありながら、ついついパソコンに現実逃避しているレッド広報のおばちゃんです。

しばしお付き合いください。



最近低学年が増えてきて、Bチーム復活が目の前に迫ってきました。

というわけで、息子と、ポジションについてよく語り合うのですが・・・



新人が入ってくる中、一応2年目である左利きの息子(小2)は、ファーストなんじゃないか、という噂が流れてきます。


(ちなみにおばちゃんは、キャッチャー、サード、ショート、セカンドに左利きがいない、ということを、息子が野球を始めてから知りました)


それについて息子が、



「オレ、ファーストやりたくない」

「○○がきっと変な球投げてくるから」



とか言うんですよ。
もう頭抱えたくなるんですが・・・


でも、ふと気付いたんです。

自分もよく、会社で同じこと言ってないか・・・?



「こんな仕事やりたくない。○○さんがやればいいのに」

「○○さんがちゃんとやってくれないから、仕事が遅れる」



うあーーーー!
言ってる言ってる!



「ポジション」っていうのは、社会に出てからの自分の立ち位置に、すごく似ていると思います。


会社に入って、ある部署に配属された時。
それは多くの場合、自分が「やりたい」と思っていたマーケティング職ではなく、泥臭い個人営業だったりするわけです。


社会に出ると、


「やりたいこと」


より、


「チーム内のバランスで見たときその人にやってほしいこと」


に配属される場合が大半です。



誰もが、大企業のエリート本社勤務を目指して就職活動する。
だから、大学生の就職活動が難航している、という話を聞いたこともあります。



でも社会は、絶対に全員を、希望する職に就かせてはくれないのです。
そうなった時、どう振舞うか。



やはりその場合、


「不本意なポジションであっても、精一杯やっていると、必ず見えてくるものがある」


ということになるんだろうな、と思います。


きっとそれは、負けを、ポジションのせいや、誰かの失敗のせいにしていてはダメだということに気付く、ということなんだろうと思います。

チームとして強くなるため自分が出来ることは、与えられたポジションの中で、精一杯自分の技術力をアップさせること、そして、チームプレーに徹すること。

たとえそれが、不本意なポジションであっても、能動的にチームに貢献することでチーム全体が強くなり、結果がついてくる、ということに、きっといつか息子も気付くのだろうと思います。



「やりたいポジション」

でなくても、

「必要とされるポジション」

なのだから、精一杯やる。
とにかく、精一杯やる。



チーム(社会)は全体のバランスと自分の適性を両方考えながら自分を配置してくることを知り、その中で精一杯やることで見えてくる世界があることを知る。


そんな体験を、7歳で出来るなんて、息子は本当に幸せ者だな、本当にありがたいなと、おばちゃんはBチームの復活を前に、思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

切り替え力

松井秀喜が、著書「不動心」で、


「野球は失敗のスポーツ」


というようなことを書いています。
一流選手でも、全打席のうち、7割は失敗していると。



プロ中のプロでもそう言うわけですから、少年野球に至っては、



「失敗だらけのスポーツ」



と言っていいと思います。




特に低学年!


もう失敗、失敗、失敗のオンパレード。


「何やってんだぁぁぁぁ!!!」


・・・って怒鳴るのが、監督業務の3割くらいを占めるんじゃないか、と思います。



(守備位置修正指示とか、意識が吹っ飛んでる子に「集中!」って怒鳴る業務割合も、非常に高いと思いますが・・・)



そんな風に、失敗、失敗、また失敗、なわけですから、それをいちいち引きずってたら、お話にならないんですよね。




失敗を、いつまでも引きずらない。
失敗を、次につなげる。
失敗しても、前を向く。



それをひたすらひたすら繰り返すのが、野球だなと思います。
そしてそれは、まさに人生そのものだと、おばちゃんは思うわけです。

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

体力

子供が野球を始めて、驚いたこと。



何でこんなに走るんだ!!!???



そりゃあもう、走ってます。



集まったらまず走る。

グラウンドに移動したら、また走る。

何かもう、いーーーーっつも走ってる。



何度も言いますが(すみません)おばちゃんは素人なので、何故こんなに走らないとならないのか、全然分かってません。



でも、やせっぽっちで、2月生まれで、ちょっと昼間暴れると夜気管がヒューヒュー言う、へなちょこ6歳児だった1年生息子が、12月の校内マラソン大会で8位になったんです!

最近の練習では、集合場所からグラウンドまで走って行くことが多いのですが、5kmくらいだと思うんですけど、何とか走るんです。



本当に体力がついてきたなぁ、と思います。



体力とかスタミナって、結局のところ、筋力とか、心肺機能の高さなんじゃないかと思うんですが、体力がつくと、


・疲れにくい
・疲れてないから、何事にも意欲が高い
・風邪をひきにくい


という効果があるような気がします。



体力、というのは、人生をめいっぱい楽しみ、充実させるための、基本のキ、財産だと思います。



お休みの日、DS三昧しているようでしたら、ぜひレッドの皆と、やたらめったら走ってみませんか?

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

素早い判断力

子供が少年野球を始めて、子供、しかも低学年の試合ばかりを見るようになりました。
そんな折、たまにプロ野球をテレビで見ると、おばちゃんは、


この人たちは、ネ申だわ!


と思います。

それどころか、高学年の試合であっても、


この子達は天才じゃなかろーーーか?!



と思ってしまいます。



レッド広報のおばちゃんから見ると、野球というのは、とても難易度の高いスポーツだと思います。



細いバットで小さいボールを打つとか、
どっちに飛ぶか分からない、どう跳ねるか分からない、小さなボールをキャッチするとか、



そういう技術的なことも難しいな、特に低学年にとっては、と思いますが、何が難しいって、



アウトカウント、走者の位置、ボールの飛んだ位置、等々の状況に応じてやらなきゃいけないことが違ってくる



ってことが、難しいなと、素人のおばちゃんから見ると思います。



しかも、ものすごい短時間で、その判断を下さなきゃならない。
迷ってる暇なんてないんですよ。



どこに投げるのか。
走るのか、戻るのか。
タッチがいるのか、いらないのか。



素人のおばちゃんは、いつも全くついていけません。
ちょっとバタバタしたプレーになると、

「今のは何だったんだ?どうなったんだ?あれっ?」

って感じです。



選手の皆さんは、ある程度パターンを予測しつつ構えて集中し、実際球が飛んできたら、そのパターンの中のどれかから、あるいは、予想外のパターンであれば1から、素早く判断し、最適なプレーをしているんだろうな、と思うのですが。。。



複雑なパターンの中から、素早く判断を下す能力、というのは、ものすごく脳が鍛えられるんじゃないかと思います。



おばちゃんも、今から鍛えれば、脳の老化防止くらいにはなるかな・・・?

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

礼儀

レッド広報のおばちゃんは、実は野球素人でして、子供も1年生(2011年1月現在)で、あまりよく分かってないのにこんな記事を書いています。



でも、もしかしたら、野球素人だからこそ、新鮮な目で見ていることもあるかもしれないですよね。



そんなおばちゃんが、息子が野球をはじめてまず驚いたこと。



グラウンドに入る時に帽子を取ってお辞儀するんだ!


ということでした。

それ以外にも、コーチの人がやってくる時とか、途中で帰る時とかに、練習の手を止めて、キャプテンが、



「○○さんに挨拶ぅぅぅ~ありがとうございましたぁぁ!」


・・・って言うんですね。


あーそういえば、高校野球もちょっと古臭い感じがするなぁ。
礼儀正しくて、お堅い、そんな感じがするよなぁ、と納得したんですが。


でも、海パパのこのコメントを読んで、あああ、なるほど、と思ったんです。


【野球の神様】は必ず存在します。グランドにも
自宅にも学校にもです。私は信じています。
努力している選手を常に見ていてくれますし、
温かく見守ってくれているはずです。
だから選手も【野球の神様】を信じて努力をし、
グランド・道具・親・野球関係者に対して、
いつも感謝の心を忘れない様にしなければ
ならないのだと思います。
もしかしたら、これが精神力を強くしたり、
技術力を上達させる方法なのかもしれませね・・・。




そうなんですねぇ。


おばちゃんも、感謝の心を忘れずに、日々過ごそうと思います!

テーマ : 少年野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

レッド広報

Author:レッド広報
墨田区のスカイツリー近辺を拠点とする、少年野球チーム、墨田レッドソックスです。
体験、見学希望の方は、
sumidaredsox9@gmail.com
までメールください!
練習試合希望のご連絡も、上記アドレスへ!
お待ちしてます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -